TOP » インプラントは怖い? » インプラントの
デメリットは?

インプラントの
デメリットは?

最良のインプラント治療を行う前に知っておきたいインプラント治療のデメリットに関してまとめてました。しっかりとした知識を手に入れて治療に臨むようにするといいでしょう。

インプラント治療のデメリット

場合によっては複数回の外科手術が必要となる

比較的難易度の低い症例は、日帰りでインプラント治療を行うことができますが、症状には個人差があります。例えば、何本もインプラントを入れる場合では複数回の外科手術が必要となることもあります。事前に医師と入念に打ち合わせを行い、手術に臨むようにしてください。

また、インプラントを埋め込むためのあごの骨が弱かったり、糖尿病などの持病がある場合には、手術自体を受けることができないこともあるので、あわせて医師に相談してみるといいでしょう。

治療費が高い

インプラント治療は健康保険の適用外となっているため、基本的に自由診療。費用はすべて自腹で支払う必要があります。平均的なインプラント1本あたりの相場は30~40万円ほどだといわれており、さらに治療後も定期的なメンテナンスのために通院を行う必要があります。クリニックによっては医療控除をおすすめしたり、デンタルローンの案内をしてくれるところもあります。

しかし「あまりにも高いから」という理由で格安インプラント治療に飛びついてしまうのは早計です。インプラントは1回治療を行い、適切なメンテナンスを続ければ半永久的に使い続けることができますが、そうした効果を得るためにはそれだけの費用が必要になってくるのです。

実際、格安でインプラント治療を選んだところ、技量を伴わない医師が施術を行い、「あごの骨に適切にインプラントが固定できていない」「インプラントがあごの骨を突き抜けてしまい炎症を引き起こした」といったトラブルも報告されています。

こうした事態を回避するためには、その値段がインプラント治療として適正かということを見極める目と知識を患者自身がもっておく必要があります。可能であれば、その治療について複数の医師の相談を仰ぐことができるセカンドオピニオンを推奨している歯科医院の門を叩いてみるといいでしょう。

また、実際にどんな治療をしているか、患者さんにどのような対応をしているか、そしてインプラント治療を行うのに、どのような設備と体制を整えているのかを公式ホームページや口コミなどでチェックしておくのもいいでしょう。

インプラント治療の費用と期間について

インプラントとは、歯の無くなった所に人工の歯根を埋め込む方法です。 インプラント治療の平均的な費用は1本当たり25~45万円、期間については平均6ヶ月~12ヶ月と言われています。
症状やクリニックによって費用・期間ともに変動しますので、一度問い合わせてみることをおすすめします。

副作用について

インプラント治療のリスクとして、インプラント周囲炎や金属部品による金属アレルギーの恐れがあります。
また、インプラント治療に関わる持病をお持ちの方は、合併症などが起こる可能性が高くなる恐れもありますので、不安な点についてはクリニックへご相談ください。

安心
保証体制がある
インプラント
クリニック3選