TOP » 【特集】インプラントの構造を分析

【特集】インプラントの
構造を分析

最良のインプラント治療を目指すのであれば、インプラントがどのような構造をしているのか、それぞれの部材はどのような役割を果たしているのか、使用されている素材はどんな性質をもっているか、といったことを知っておくべきでしょう。このページでは、そんなインプラントの構造に関して、より深い知識を手に入れたい人に向けた情報をまとめています。

インプラントの構造体

本来の歯と同等の役割を補完するためのインプラント治療に使われるインプラントシステムは、歯のものに近い3つの構造でつくられています。ここからはよりその構造体について解説していきましょう。

インプラント本体(フィクスチャー)

歯でいうところの歯根にあたる部分 です。鏡などで目にする白い歯は「歯冠」といい、歯根はそれよりも下にある部分と覚えておけばいいでしょう。インプラントでは骨とインプラントシステムを結合して、 義歯をささえる 重要な役割を担っています。チタン及びチタン合金で作られているのが最もスタンダードで、個人の歯に合わせてさまざまな種類があります。

アバットメント(歯台部)

インプラント体に義歯を装着させるための土台 としての役割があります。もっと分かりやすくというジョイント。このアバットメントはスクリューなどの器材を使いインプラント体に固定されます。近年では、このアバットメントを使わないインプラント本体と義歯が一体化したタイプもあります。チタン、チタン合金、ジルコニアなどの材質が用いられることが多いようです。

上部構造(歯冠部)

私たちが鏡などで普段目にして、日々ブラッシングに勤しんでいる部分が歯冠といわれている場所。インプラントシステムでは、義歯にあたる部分を上部構造と呼んでいます。役割があります。近年では、審美性や強度、そして費用などでさまざまな種類があります。

オールセラミッククラウン

その名の通りすべての素材がセラミックで作られた審美性に優れた素材です。

メタルボンドクラウン

外側部分はセラミックが使われていますが、内側は補強のために金属が用いられています。セラミックよりも強度は上ですが、より強い衝撃が加わると破折しています恐れがあります。

ハイブリッドセラミッククラウン

セラミックとプラスチック素材を混合させた素材で、衝撃や割れに強いという特性をもっています。ただし、時間が経過するごとに表面からツヤが失われてしまい変色しやすくなるというデメリットをもっています。

メタルクラウン

素材のすべてに金属が使われています。強度が高く破折の心配も低いため、おもにに奥歯に入れる場合に使用されます。さらに強い咬合力にも耐えることができるので、歯ぎしりなどがある人にはおススメです。

ジルコニアがインプラント治療を変えるかもしれないワケ

一般的なインプラント治療ではチタンと金属が用いられています。溶けにくく変質しにくいという、安定性の高いチタンは人体との親和性にも優れており、まさにインプラントにうってつけの素材といわれてきました。近年では、歯科医療だけでなく整形外科や耳鼻科などでも広く用いられています。

そこにチタンを上回る効果を上げるとうわさされて登場したのが「ジルコニア」とよばれる素材です。ジルコニアインプラントの最大のメリットは、審美性や強度、そして人体への親和性といったチタンに備わっているメリットをすべてもっていること。何よりも注目されているのは強度です。ジルコニアは金属ではありませんが、金属同様の強度を備えているので、前歯や奥歯といったすべての歯のインプラントとして使用することが可能です。

また、歯垢が付着しにくい性質も備えており、衛生面においても優れており、今までインプラント治療が困難だった歯周病の患者さんにも適しているといわれているのです。

新世代の「ノンメタル」インプラントとは

これまで紹介してきたように、金属を使わないジルコニア製の
インプラントシステムは、これまでのインプラント治療を変えるかもしれない画期的なものだとされています。

近年では、アバットメントなどをすべてジルコニアで統一する「ノンメタル」インプラントも可能になっています。最大のメリットは、経年劣化で現れるといわれている黒ずみ(ブラックマージン)が出にくく、前述のように今までは治療することすらむずかしかった歯周病の恐れのある患者さんでも、インプラント治療が可能になるということ。

しかし、これほど画期的なジルコニアが今までインプラント治療の現場で普及しなかったのはなぜなのでしょうか? 実は、ジルコニアはとても硬い性質をもっているため、加工できる機器や医療従事者が少なく、歯科材料として用いることが困難だったのです。

ですが近年では歯科医療用「CAD/CAM」の開発が進み、日本でも許可がおりたため、国内で積極的にジルコニアを用いた「ノンメタル」インプラントが用いられるようになったのです。ジルコニアをきっかけに、今後さらにインプラント治療の進化が、より一層期待されることでしょう。

インプラント治療の費用と期間について

インプラントとは、歯の無くなった所に人工の歯根を埋め込む方法です。 インプラント治療の平均的な費用は1本当たり25~45万円、期間については平均6ヶ月~12ヶ月と言われています。
症状やクリニックによって費用・期間ともに変動しますので、一度問い合わせてみることをおすすめします。

副作用について

インプラント治療のリスクとして、インプラント周囲炎や金属部品による金属アレルギーの恐れがあります。
また、インプラント治療に関わる持病をお持ちの方は、合併症などが起こる可能性が高くなる恐れもありますので、不安な点についてはクリニックへご相談ください。

安心
保証体制がある
インプラント
クリニック3選